板橋駅周辺でおすすめの不動産売却3選

公開日:2023/11/02  最終更新日:2024/02/13

物件

不動屋会社の数は年々増加しており、コンビニよりも多いと言われています。特に都内では数多の不動産会社が存在しており、どれを選べばよいか分からなくなってしまう方も多いでしょう。そこで今回は、板橋駅周辺でおすすめの不動産売却の取引実績が豊富なを3社を厳選しました。不動産会社をお探しの方は、本記事を参考にしてみてください。

板橋区/不動産ランキングおすすめ1位はこちら

徳丸住宅販売

徳丸住宅販売の画像

会社名:徳丸住宅販売
住所:〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-14-6
電話番号:03-3550-3666

徳丸住宅販売は、板橋区にある不動産会社です。地元板橋区に特化しており、不動産売却に強みを持っています。

徳丸住宅販売では、査定金額の最大90%を保証しています。あらかじめ販売期間を設けているので、資金化できる期日が明確です。

また、地元エリアに限定して不動産の買取も行っています。徳丸住宅販売が直接購入するので、仲介手数料が掛からず、最短で即日現金化することも可能です。

広告を行わずに売却を行うことができるので、近隣住民に知られる心配もありません。グループ会社でリフォームや販売を行っているため、損傷や汚れについても現状のまま売却が可能です。

買取に関する打ち合わせは原則1回のみとなっており、売却にかかる手間や時間を短縮できます。徳丸住宅販売は、地元企業ならではの高額買取が魅力です。


公式サイトはこちら

 

三和不動産株式会社

三和不動産株式会社の画像

会社名:三井不動産株式会社
住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋4-2-4
電話番号:03-3961-8888

三和不動産株式会社は、板橋区・北区・豊島区を中心に事業を行う不動産会社です。物件の売却については、無料で査定を実施しています。

三和不動産株式会社は、地域に密着したきめ細やかなサービスが特徴的です。板橋エリアで40年以上の取引実績があり、様々な不動産売却をサポートしています。

都営三田線新板橋駅から徒歩1分の位置に本店があり、アクセスの良さも魅力的です。また、車で来店する場合は、専用駐車場を利用することができます。

店舗には、宅建や宅建マイスターの有資格者が在籍しているのはもちろん、相続支援コンサルタントや定借プランナー・アドバイザーなども在籍しており、不動産に関するあらゆる相談を受け付けています。


公式サイトはこちら

 

三井のリハウス

三井のリハウスの画像

会社名:三井のリハウス
成増センター:〒175-0094 東京都板橋区成増1丁目30−13成増トーセイビル 1f
電話番号:0120-51-3131

三井のリハウスは、全国287カ所に営業所を持つ不動産会社です。三井のリハウスを運営する三井不動産リアルティグループは、37年連続で不動産売買仲介取引件数No.1を達成しています。

売買仲介に関する累計取扱件数は100万件を超えており、豊富な取引実績を活かした高い売却成約率が魅力的です。三井のリハウスでは、不動産の無料査定を実施しており、公式ウェブサイトでは、AIを活用した査定も行っています。

リハウスAI査定では、これまでの取引事例を基に、売却価格を即時に算出しています。最新の不動産価格をいつでも把握することができるので、売却のタイミングをつかみやすくなります。

三井のリハウスでは、直接買取ではなく、中立の立場でより良い条件の売却先を紹介しています。業界No,1の集客力や情報力を活かし、適正価格でのスピード成約を目指しています。


公式サイトはこちら

 

板橋駅周辺の住みやすさ

板橋駅は、正確には板橋区に位置していますが、実際には板橋区、豊島区、北区の3つの区にまたがっています。周辺地区もこれに合わせて3つの区に分かれており、それぞれの区ごとに行政サービスや行政機関が異なります。しかし、3つの区役所は板橋駅から2〜3㎞圏内にあり、駅周辺は生活の利便性の高さで人気のエリアとされています。

治安

板橋駅周辺の治安は安定しており、凶悪犯罪が年間わずか数件しか発生していません。

具体的な犯罪件数として、令和4年度の凶悪犯は0件です。粗暴犯罪は、板橋区0.07%、板橋駅周辺0.05%、侵入窃盗は、板橋区0.02%、板橋駅周辺0.01%です。

池袋駅周辺などの繁華街に比べ、板橋駅周辺の犯罪件数は圧倒的に少ないだけでなく、板橋区との犯罪率を見ても、治安に関しては問題がないといえるでしょう。凶悪犯罪が極めて稀であり、住みやすさとしては安心して生活できる環境が整っています。

なお、発生している非侵入盗難の大部分は自転車盗難であり、とくに板橋エリア・滝野川エリアでの発生が多いです。自転車を利用する際は、改札口のあるエリアに駐輪し、しっかりとした盗難対策を心掛けることが重要です。

再開発

板橋駅周辺で昔ながらの雰囲気が残る一方で、大規模な再開発が進行中です。東口では2020年6月に新しい駅ビルがオープンし、駅直結でベーカリーや小売店、歯科医院、3フロアのスポーツジムが入居しています。一方、板橋駅の西口と板橋口も線路の西側に位置しており、両方の再開発計画が一体的に進められており、将来的には西口エリアも大きく変化する見込みです。

東口では新しい駅ビルがすでにオープンしており、2027年には西口駅前に35階建てと38階建ての高層ビルが2つ完成予定です。大型の高層ビルが立ち並ぶことで、下町の印象から都会的な印象に変わり、街が一層賑わうことが期待されます。

子育て支援

板橋区では、豊富な子育て支援制度が提供されています。具体的には、子ども医療費助成や出産費用の助成、養育医療の給付金、認証保育所の保育料負担軽減助成、すくすくカードの配布などが挙げられます。

子ども医療費助成は、中学校3年修了前までの子どもを対象にした制度で、保険診療を受けた際の医療費助成制度です。小学生未満の場合は乳幼児医療証、小学校に入学後は子ども医療証が自治体から発行され、保険適用外の費用は対象外です。ただし、ほかの医療費助成がある場合はその差額の自己負担分が対象となります。

また、3歳未満の子どもがいる家庭には「すくすくカード」が無料で配布されています。すくすくカードは福祉センターなどで利用でき、赤ちゃんカフェやベビーマッサージ、ヨガ・ピラティスなどに利用可能です。手続きが簡単なので、申し込みを検討するのをおすすめします。

子育て支援制度により、子育て中の保護者は医療費や出産費用、保育料に関する負担が軽減され、安心して子育てに専念できる環境が整っているでしょう。

子育て環境

板橋区は子育て支援制度が充実しているだけでなく、2022年4月1日時点の待機児童数は0人です。入園率は年々改善しており、前年度36人からも大きく下回った結果です。新たに保育園への入園が比較的容易であるといえるでしょう。

この傾向が今後も続けば、入園決定率は一層安定していくことが期待されます。子育て世帯にとっては、保育園の待機児童数に注意しつつ、早い段階での入園申し込みが重要です。

また、板橋区内には子どもと一緒に楽しめる施設も充実しています。たとえば、板橋駅から徒歩10分の場所にあるトランポリンパーク・トランポランド東京は、3歳〜小学校入学前の園児さんエリアがあり、成長に合わせた遊びが楽しめます。ほかにも、三輪車や自転車、足こぎゴーカートが無料で借りられる板橋交通公園は、遊びながら交通ルールを学べるのが特徴です。

買い物

板橋区は、施設の充実さも住みやすさの要因のひとつです。

板橋駅から徒歩圏内には、コンビニやスーパーなど日常生活で必要な物が購入できるお店が豊富にあります。大手チェーン店が幅広いエリアに店舗を展開しており、品揃えや欠品の少なさが特徴です。

東口と西口で店舗数に大きな差がないため、出勤時や帰宅途中に必要な物を手に入れられるでしょう。とくに東口エリアには昔ながらの商店街も存在し、新鮮な食材を手頃な価格で入手できる専門店が点在しています。そのため、家族の食事を作る際にも便利で、かつ生活費の節約が可能です。

また、板橋駅周辺は買い物ができるだけでなく、飲食店も豊富に揃っています。手頃な価格で食べられるファミリーレストランや、初めてでも気軽に入れる大衆酒場などが数多く存在しています。

アクセス面

板橋駅からは新宿や渋谷、池袋など主要な都心エリアへ乗り換えなしでアクセスが可能です。JR埼京線の駅であるため、池袋まではわずか1駅で約3分、新宿まで乗り換えなしで約9分、渋谷まで乗り換えなしで約15分といった利便性の高く、通勤や通学に便利なエリアとなっています。また、深夜0時過ぎまでの運行も行っており、帰宅が遅くなる方でも安心して利用できます。

また、板橋駅周辺には「新板橋駅」と「下板橋駅」があり、これにより都営三田線や東武東上線などの利用も可能です。新板橋駅は、板橋駅西口から5分程度の場所にあり、学生やサラリーマンに人気の路線として知られています。都心へのアクセスに便利で、大手町や日比谷などで複数の路線への乗り換えもスムーズに行えます。大手町からは東京駅への直結もあり、出張や旅行時にも便利です。

さらに、板橋駅西口から6分ほどの場所にある東武東上線の下板橋駅は埼玉の川越まで乗り換えなしでアクセスでき、深夜0時過ぎまで運行されています。このような複数の路線が利用可能な環境は、遅延や運休にも対応しやすく、住みやすさを向上させるでしょう。

板橋駅周辺の売却価格の相場

東京都では、周辺環境がよかったり、土地の形状がよく建物が建てやすかったり、専有面積が広い物件などが高く売れます。

板橋駅周辺の売却価格の相場は、マンション3,700万円、戸建て4,040万円、土地2,350万円です。また、土地の坪単価は54万円となります。

具体的には、北区滝野川にある1LDK、専有面積30㎡、築年数11年のマンションの売却価格は3,500万円です。戸建てでは、同じく北区滝野川にある延床面積150㎡、土地面積60㎡、築年数49年の住宅が7,000万円で売却されています。土地面積35㎡で2,800万円、平米単価75万円で土地の売却事例もあります。

上述からも分かるとおり、板橋駅周辺は比較的高い価格帯で物件が取引されており、需要が安定しているといえるでしょう。

板橋駅周辺の売却動向

板橋駅周辺では、2023年4月〜6月でマンションの売却件数は6件、売却価格も直近3か月と比較して約1,200万円上昇しています。

戸建の売却件数は1件、売却価格は3,300万円です。直近3か月と比較すると、売却価格が約3,700万円下落していますが、2022年と比較すると約2倍に上昇しています。

上述からも分かるとおり、板橋駅周辺の不動産市場では、過去3ヶ月間で「マンション」の平均売却価格が上昇しており、同時に取引件数も増加傾向です。これは不動産購入に対する需要が高まっている兆候であり、現時点が売り時であると考えられます。

板橋駅周辺の人気の理由は一概にはいえませんが、都心へのアクセスのよさはもちろん、ほかの23区と比較して地価の安さが挙げられます。また、商業地区ではないものの、物価が比較的安く、犯罪率も低いため、ファミリー層にも好まれているのも人気の理由でしょう。

不動産売却時のポイント

不動産売却の流れを調べておく

不動産売却する際、おおよその流れがあります。不動産売却時の流れを把握し、スムーズに対応できるよう準備しておきましょう。

査定してもらってから販売活動を開始する

不動産売却する際は、まず不動産会社に売りたい土地や物件を査定してもらいます。次に物件の売り出しがはじまるでしょう。

不動産の査定から売り出しまでには、約1〜4ヶ月ほどの期間を有します。物件を販売する際は、購入希望者から問い合わせがあったり、物件を内見しに来たりするでしょう。無事に買主が決まったら物件の価格を交渉したり、売買契約の内容について話し合ったりします。

たっぷりと時間を確保しておく

不動産売却する際は、十分に時間を作っておきましょう。特に物件を売り出す前には時間が必要です。時間を確保しておくと、売主にとって大きなメリットがあります。

納得のいく売買契約ができる

不動産を売り出す前にたくさん時間を確保しておくと、売主が不動産売却についてじっくり考えられるため、納得のいく売買契約が交わせるでしょう。

不動産の売り出しから成約までは、長くて3ヶ月ほどかかります。売り出しから成約までの期間を考えると、5ヶ月よりも前から物件を売り出しておくとよいでしょう。

土地や物件の情報を調べる

土地や物件を販売する際は、ご自身が販売したい土地や物件の情報をしっかりと把握しておくのがポイントです。土地や物件の情報を把握しておけば、不動産販売活動がスムーズに進むでしょう。

トラブルが回避できる

売手が売却したい土地や物件の情報をしっかりと把握すれば、買主とのトラブル回避につながります。土地に建物を建ててよいのか、隣の土地との境界線はどうか、建築基準法に準じているかなど、さまざまな点を把握しておきましょう。

また、マンション物件を販売したい場合も戸建てと同様、細かい部分まで把握しておくのがおすすめです。マンション物件の場合、特に占有部分や共有部分などについてあらかじめ調べておくとよいでしょう。

不動産売却時の費用を把握しておく

不動産を売却する際、さまざまな費用がかかるでしょう。一般的にほとんどの場合、不動産会社に仲介してもらうのですが、買手が見つかり物件売却できた際には、不動産会社に仲介手数料を支払います。

また、売買契約に使う印紙税もかかるでしょう。抵当権抹消の手続きを司法書士にお願いした際には、違法書士報酬がかかります。解説したように、不動産を売却する際にはさまざまな費用がかかるため、事前に把握しておくと焦らず対応できるでしょう。

いくつかの不動産会社に査定依頼する

不動産を売却する際、不動産会社に土地や物件を査定してもらいます。査定してもらう際、いくつかの不動産会社に依頼するのがおすすめです。

はやく不動産売却できる可能性がある

ご自身が所有する土地や物件を販売する際、まずは不動産会社に土地や物件がいくらくらいで販売できるのか査定してもらいます。査定してもらう際、ひとつの不動産会社だけではなく、複数の不動産会社に査定依頼してもらうとよいでしょう。

いくつかの不動産会社に査定してもらえば、はやく不動産売却できる可能性があります。ご自身の土地や物件を少しでもはやく売却したい方は、複数の不動産会社に査定依頼するとよいでしょう。

信頼できる不動産会社に依頼する

不動産売却する際、いくつかの不動産会社を見比べる場合が多いでしょう。どこの不動産会社に依頼するかは、不動産売却において重要なポイントです。では、どんな不動産会社を選べばよいのでしょうか。

安心してさまざまな手続きが任せられる

ご自身の土地や物件を売却する際は、信頼できる不動産会社に依頼するのがおすすめです。なかでも、一定のエリアを活動対象としている不動産会社を選ぶとよいでしょう。一部のエリアで活動している不動産会社に依頼した場合、不動産売却がスムーズに進みやすい特徴があります。

また、アフターフォローが充実している不動産会社もおすすめです。不動産売却は契約後に引き渡しや確定申告などがあるため、さいごまでサポートしてくれる不動産会社を選ぶとよいでしょう。

板橋区の土地売却における売り時

板橋区に土地を持っている方で売却を考えている場合、できるだけ高く売却したいでしょう。高値で土地を売却するには、最適な売り時があります。売り時は、売り手だけでなく買い手の状況も踏まえて検討する必要があるでしょう。

ここでは、板橋区にある土地を売るのに最適な時期といえるポイントをいくつかご紹介します。ご自身で土地を売却する際の参考にしてみてください。

土地の価格が上がっているとき

土地の価格は、時期によって変動があります。国交省による都道府県地価調査では、板橋区の住宅地は2018年にプラス4.1%となっており、年々上昇傾向にあるでしょう。

2019年にはプラス5.3%とさらに上昇しており、板橋区の住宅地価格が上がっているのが分かります。板橋区の土地価格が上がってきているため、土地が高値で売れる可能性が高いでしょう。

世帯数の推移は、2016年に29万世帯、2018年には30万世帯以上と増加傾向にあるため、住宅の需要が年々高くなっています。また、空き家が少なくなってきており、空き家が少なくなってきているというのは、年々板橋区の住宅需要が高まってきている現れでしょう。

土地の価格が上がっている点や世帯数が増加している点、空き家が少なくなってきている点を踏まえると、板橋区の土地売却は今が売り時といえます。できるだけ土地を高値で売りたい方は、このタイミングで売却を検討してみてください。

低金利

首都圏では、新築戸建てを購入する方が増えており、土地を購入する方も同時に増えています。土地や新築戸建てを購入する方が増えているのは、低金利で住宅ローンが利用できるためでしょう。

土地や住宅を購入する方は、ローンを組んで土地や住宅を購入する場合がほとんどです。住宅ローンの金利が低いと、利子の負担が少ないため住宅ローンを組みやすいでしょう。

現在、メガバンクの住宅ローン金利は変動金利型の場合1%未満であり、住宅ローンが組みやすい金利といえます。また、35年の固定金利の場合1%台となっているため変動金利型と同様、固定金利においても住宅ローンが組みやすいでしょう。

現在、低金利で住宅ローンが組めるため、買い手は経済的負担が少ない状態で、土地や住宅を購入できるタイミングです。買い手が住宅ローンを組みやすい今は、土地を売却するうえで最適な時期でしょう。

できるだけ板橋区の土地を高く売るためには、タイミングが重要です。売り手だけではなく買い手の状況も踏まえつつ、ベストな売り時を見極めるとよいでしょう。

板橋区の土地売却に必要な費用・税金

板橋区は、2022年共働き子育てしやすい街ランキング全国8位を獲得しており、治安のよい地域といえます。令和4年には待機児童0を達成しており、小さいお子様がいらっしゃるご家庭でも働きやすいでしょう。

板橋区立こども動物園では、2022年にグッドデザイン賞を受賞しています。板橋区立こども動物園は、無料で利用できる動物園で、子どもが馬房清掃や接客などの経験が体験できるでしょう。

また「未来をはぐくむ緑と文化のかがやくまち」という目標を掲げており、人と自然が共存できる緑豊かな環境が整っています。板橋区では「エコポリス板橋」を宣言しており、地球の資源を大切にしているでしょう。

板橋区には三田線や東武東上線などが走っており、交通アクセスがよい点も魅力です。そんな板橋区にある土地を売却する際、どのような費用がかかってくるのでしょうか。ここでは、板橋区にある土地を売却する際にかかる費用や税金について解説します。

基本的な費用

不動産売却にかかる基本的な費用には、印紙税と仲介手数料があるでしょう。土地を売却するには売買契約書が必要になるのですが、売買契約書を作成する際に印紙税が必要になります。印紙税は書類を作成する際に必要なものなので、電子契約する場合は印紙税が必要ありません。

令和4年5月9日にデジタル庁が「情報通信技術を利用する方法による国の歳入等の納付に関する法律(令和4年法律第39号)」を交付しました。新しい法律により、不動産取引の際に電子契約ができるようになった経緯があります。

電子契約で契約を結べば、印紙税を支払わなくて済むため、少しでも費用負担を軽くしたい方は、電子契約で契約するとよいでしょう。印紙税の金額は売却する不動産の価格によって違いがあり、売却する不動産の金額が、500〜1,000万円以下であれば5,000の印紙税が必要になります。

売却する土地の価格が、1,000万円〜5,000万円であれば1万円の印紙税が必要です。土地の金額がさらに高い5,000万円〜1億円の場合は、印紙税が3万円になります。印紙税は土地の売却金額によって違ってくるため、土地の売却金額と照らし合わせて確認してください。

仲介手数料は、仲介してくれた会社に支払う手数料であり「(取引価格×3%+6万円)+消費税」の計算で仲介手数料が算出できるでしょう。板橋区で土地を売る際には、印紙税と仲介手数料が基本的な費用で、契約時に電子契約を利用すれば印紙税は必要ありませんので、参考にしてみてください。

場合によってかかってくる費用

板橋区で土地を売却する際、さまざまなケースが考えられます。土地を売却する際の状況によって、印紙税や仲介手数料のほかにかかってくる費用があるでしょう。ここで紹介する費用も参考にしながら、ご自身が売却したい土地と照らし合わせて確認してみてください。

土地を売却する際に現況図がない場合は、現況図を作成するにあたって測量費や境界確定費用、物件調査費用がかかってきます。場合によっては土地に建物が残っていたり、不要なものが残留されていたりするケースもあるでしょう。

土地に残っているものは買主との交渉にもよりますが、交渉次第では処分する必要があるケースも存在します。土地に残っているものを処分する際に、残置物処分費や解体費用が必要になってくるでしょう。残置物処分費や解体費用は、依頼する会社によって金額に違いがあります。

また、土地を売却する際にローンの支払いが残っている状態で、土地を売却するケースもあるでしょう。ローンが残っている場合は、抵当権抹消登記費用やローン返済手数料がかかってきます。

土地を売却する際、なかなか思ったような買い手が見つからず広告を追加する場合は、追加広告費が必要です。土地を売却した際に、利益が出る方もなかにはいるでしょう。土地売却の際に利益が出た場合は、譲渡所得税や住民税、消費税が追加で必要になります。

解説したように、土地を売却した際の状況によってさまざまな費用が必要になるケースもあるため、土地を売却する際は印紙税と、仲介手数料以外の費用も加味して計算しておくとよいでしょう。なかには、支払った費用のなかで、戻ってくる費用もあります。

戻ってくる可能性のある費用は、固定資産税や都市計画税です。すでに支払った分の固定資産税や都市計画税は、土地を買主に引き渡したときの日割計算になるため、戻ってくる可能性があるでしょう。

土地を売却した際、マイナスになってしまった場合は所得税が減らせます。利益が出ずマイナスになってしまった分を確定申告すれば所得税が減らせるでしょう。所得税が少しでも減らせたら、土地売却時の経済的負担を軽減できます。

土地の売却では、大きな金額が動くでしょう。土地を売却するにあたってさまざまな費用や税金がかかってきますが、出ていくお金ばかりではありません。固定資産税や都市計画税のように一部戻ってくる費用もあるため、知識として備えておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、板橋駅の周辺でおすすめしたい不動産売却の取引実績が豊富なを3社をご紹介しました。

査定金額の最大90%を保証している徳丸住宅販売や板橋エリアで40年以上の取引実績がある三井不動産株式会社、高い売却成約率を誇るの三井のリハウスなど、それぞれご自身の目的に応じてパートナーとなる仲介業者を選びましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

板橋区は、東京23区の一つであり、下町の雰囲気が残る住宅街が広がる地区です。都心へのアクセスの良さから、ベッドタウンとしても人気を集めています。 今回はそんな板橋区で、中古マンションを売却す
続きを読む
土地の売却で後悔しないためには、具体的な土地相場を把握することが大切です。そのうえで、最適な売り時や売り出し価格を検討しましょう。 この記事では板橋区の土地売却の相場や売却時の費用、売り時や
続きを読む
不動屋会社の数は年々増加しており、コンビニよりも多いと言われています。特に都内では数多の不動産会社が存在しており、どれを選べばよいか分からなくなってしまう方も多いでしょう。そこで今回は、板橋
続きを読む