不動産売却の成功の秘訣とは?少しでも高く売るためのヒントをご紹介

公開日:2023/08/15  最終更新日:2024/01/30

不動産売却の成功の秘訣

不動産を売却する際、少しでも高く売るためにはどのようなことに注意すべきでしょうか?不動産は生ものといわれます。時期や売り方を少し工夫することで、売却価格の大きな差につながるため、コツを知っておくと有利です。この記事では、不動産を売却するときに、少しでも高く売るヒントについて詳しく解説しているので参考にしてください。

板橋区/不動産ランキングおすすめ1位はこちら

不動産を売却する前に確認するべきこと

不動産を売却する際には、いくつかの重要なポイントを確認しておくことが成功の基本です。

不動産売却の基本的な項目を確認しておきましょう。まずは、売却の方法を把握しておくことです。

不動産の売却方法には、仲介と買取のふたつがあります。

仲介は、不動産会社が売主と買主の間を仲介して売却に結びつける方法であり、買取は、売主から不動産会社が直接不動産を購入する方法です。

仲介は、不動産会社に支払う手数料が発生するため、手に入るお金が少なくなる傾向がありますが、買主を多く集め、早く売るのに効果的です。

売却方法を選ぶ際には、それぞれのメリットやデメリットを考慮して選びましょう。

また、不動産の清掃状態を確認しておくことも重要です。汚い状態の不動産は、買主にとって魅力的ではありません。

内覧の際に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。売却を考えている不動産の清掃状態をしっかりと確認し、必要に応じてハウスクリーニングを行いましょう。

不動産を売却するのに相場を知っておくことは必須です。

なかには自らの利益のために、相場から大きく外れた査定額を提示する不動産会社も存在するため注意が必要です。

妥当な価格で売却するために、相場をしっかりと調査しましょう。加えて、必要な書類の準備もスムーズな売却のために欠かせません。

登記済みの権利書や固定資産税の納税通知書など、売却に必要な書類を事前に整えておきましょう。

これらのポイントを押さえることは、不動産売却の基本です。不当な金額で買い取られないためにしっかりと押さえておきましょう。

最適な価格で売るための不動産売却の方法

不動産を最適な価格で売却するためには、少し工夫する必要があります。まず、売却方法は仲介を選択しましょう。

適正価格で売却するには、買取ではなく、仲介を選択することが必須です。

買取を選択すると、不動産会社は自身の利益を追求するため、安い価格で買い取る傾向があるためです。

仲介の場合は手数料が発生しますが、手数料を考慮しても高い売却価格が期待できます。

仲介に比べて買取は、売却額が約80%程度になるため、急いでいるわけでもなければ仲介を選択するのが無難です。

次に、スケジュールに余裕を持つことも重要です。不動産売却は多額のお金が動き、法律も多くからむため、手続きに時間がかかる傾向があります。

査定から売買契約の締結までには約3か月、契約から引き渡しまでには約1か月程度の時間がかかります。

そのため、最短でも合計で5か月間の余裕を持って計画しなければなりません。

急いで売却すると安値での取引となる場合が多いため、時間に余裕を持つことは適正価格での売却の必須事項です。これらの方法を守らないと、不動産を適正な価格で売却することが難しくなります。

少しでも高く売るための成功のヒント

不動産を少しでも高く売るためには、さらに売出し価格の設定やタイミングを考慮する必要があります。

まず、売出し価格は少し高めに設定することが、売却価格を高くするのに有効です。不動産市場では値引き交渉が一般的です。

相場よりも高めの価格設定を行うことで、交渉の余地を確保できるため、高く売れるチャンスを広げます。

ただし、高すぎる価格設定では買い手がつかない可能性があるため、不動産会社に相談し設定しましょう。

また、複数の不動産会社から見積もりを取り、信頼できる不動産会社に依頼することも重要です。

不動産会社も利益を追求するため、確実に売れて手数料を確保できる低い価格での売却を進めようとします。

不動産会社の意見を鵜呑みにせず、主導権を渡さないことが高く売るためのポイントです。

売却のタイミングも重要です。年度末の1月から3月は、会社の異動や入学・進学のシーズンなどで不動産を求める人が増える傾向にあります。

不動産需要が高まる時期に売却することで、売却チャンスを逃す可能性があります。

売却全般にいえることですが、あまりにも欲張りすぎると売却できない可能性があるため、ときには妥協することも大切です。

まとめ

不動産売却で成功するには、高く売るポイントを押さえられるかどうかです。買取ではなく仲介を選択し、スケジュールに余裕を持つことが重要です。売出し価格は少し高めに設定し、値引き交渉にも対応できる余地を持ちましょう。ただし、過度な価格設定は買い手を遠ざける可能性があるため、バランスを考えることが重要です。さらに、複数の不動産会社に査定を依頼し相場を知ったうえで、売却のタイミングを考慮しましょう。特に年度末は需要が高まり、売却価格も上がる傾向があります。欲張りすぎず、現実的な売却価格で妥協することも、ときには大事です。これらのポイントを覚えておくことで、少しでも高い売却額を目指せるでしょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

板橋区は、東京23区の一つであり、下町の雰囲気が残る住宅街が広がる地区です。都心へのアクセスの良さから、ベッドタウンとしても人気を集めています。 今回はそんな板橋区で、中古マンションを売却す
続きを読む
土地の売却で後悔しないためには、具体的な土地相場を把握することが大切です。そのうえで、最適な売り時や売り出し価格を検討しましょう。 この記事では板橋区の土地売却の相場や売却時の費用、売り時や
続きを読む
不動屋会社の数は年々増加しており、コンビニよりも多いと言われています。特に都内では数多の不動産会社が存在しており、どれを選べばよいか分からなくなってしまう方も多いでしょう。そこで今回は、板橋
続きを読む